地域サポートよしのねぎぼうず 鹿児島市 地域活動支援 地域自主防犯 高齢者支援 子育て支援

特定非営利活動法人 地域サポートよしのねぎぼうず お電話でのお問い合わせ
ホーム 活動内容 地域事業 よしのねぎぼうずについて お問い合わせ

地域事業

ホーム>地域事業

吉野おげんきかい

趣旨
平成17年4月設立
この会は、吉野地域及びその周辺を対象に、地域住民が力を合わせ、警察や各関係機関と連携を図り、豊かで住み良い地域環境を育むとともに、安心安全なまちづくりを推進することを目的としています。
そのために、会員相互と関係機関の連携により、防犯・防災・交通安全にかかわるパトロールの強化及び地域住民の意識高揚を図ります。

この会は、地域の安心安全なまちづくりに寄与するために、様々な活動を行っています。
安心安全なまちづくり
吉野地域及びその周辺を対象に、防犯・防災・交通安全を目的に、地域安心安全パトロールを行います。
この活動は、警察庁より「地域安心安全ステーション」モデル事業実施地区として指定され、青色回転灯車を保持する青パト隊と徒歩パト隊により、巡回パトロールと声かけ活動を行っています。
青少年健全育成(中学生)
大勢の人が生活している社会では、みんなが安心して生活できるよう、「社会のルール」をみんなで守っています。中学生も社会の一員として、規範意識を育てることを目的に、特に生活リズムが乱れがちになる夏休みを目前にした生徒たちを対象に、鹿児島県中央署少年係、鹿児島市少年課と連携し、万引き、自転車盗難等が、法に触れること、また飲酒・喫煙は未成年の成長に良くないことなどを周知し、地域で青少年健全育成に努める活動を行っています。
交通安全対策と振り込め詐欺防止(高齢者・一般)
毎年、痛ましい交通事故が発生し、あとを絶ちません。また、振り込め詐欺など詐欺行為も手口が巧妙化してきています。
これらのことから、高齢者や一般の方々を対象とした、交通安全教室や振り込め詐欺にあわないための普及・啓発活動を行っています。
関係機関のネットワーク
社会情勢の変化に伴い、環境も大きく変わってきた今日、子どもの行動の現状面に気付くことの大切さと多方面からの見守りの必要性から、小・中学校情報交換会を行うとともに、小・中学校、鹿児島中央署、吉野交番管内の各自主防犯組織や吉野地区警察少年ボランティアなどの関係機関と連絡を図り、子どもたちへの声かけ・パトロールを行います。
不審者対策と交通安全対策(未就学児)
毎年、子どもたちにかかわる痛ましい事件や交通事故が発生しております。
このことから、吉野交番管内の園児(新一年生になる子供たち)を対象に、不審者の防犯対策「いかのおすし」や交通安全対策のパネルシアター、腹話術、交通安全ビデオ、横断歩道の渡り方などのよしのっ子安全教室を行い、子どもたちの取り巻く危険から身を守るための活動を行います。

地域で新入学時の安全教室開催
近隣の4保育園の新入学予定の園児が一同に集まって、「いかのおすし」の合言葉や交通安全を学びました。
中央警察署の天ちゃんや、交通安全協会のあんちゃんの指導に子どもたちは元気に大きな声で返事をし、受け入れていました。

安心安全なまちづくりに対する地域住民の意識高揚
急激に発展していく吉野地域及び周辺において、みんなが安心して暮らすことのできる安全な地域を築いていくために、毎年、吉野交番管内合同パトロールを開催し、地域住民、事業者が「自らの安全は自らで守る」とともに、「地域の安全は地域で守る」という認識のもと、それぞれの役割を担い、力を合わせ安心安全なまちづくりに総ぐるみで取り組み、地域住民の意識高揚を図ります。

吉野兵六会

趣旨
この会は、吉野を舞台とした鹿児島の三大民話「大石兵六夢物語」を通して、伝統的文化の維持向上を図り、地域住民の交流親睦を深め、青少年健全育成、福祉の向上ならびに地域活性化に寄与することを目的とします。

この会は、目的を達成するために、次の事業を行います。
吉野兵六ゆめまつり
兵六街道ウォークラリー
心岳寺詣り
地域芸能「吉野兵六どん」
その他、この会の目的を達成するために必要な事業

「大石兵六夢物語」とは?
この物語は、1784年(天明4年)に、薩摩の下級武士、毛利正直によって描かれたものです。
主人公の大石兵六は、「忠臣蔵」で知られる大内蔵助の子孫といわれる若侍ですが、人を化かす狐を退治に行こうという勇敢さとは裏腹に、妖怪として出現する狐に、すっかり翻弄されるお話です。
二才(にせ)仲間に狐退治を約束した兵六。しかし狐はあの手、この手で兵六を化かします。鹿児島の民話として、文学作品としても評されています。
吉野兵六ゆめまつり
平成17年10月に、有志で「大石兵六夢物語」の勉強会から始め、18年3月に1回目の「吉野兵六ゆめまつり」を御召覧公園で開催。2回目まで同時期に開催するが、雨で中止のために、3回目以降4月末に開催。
毎年開催し、26年4月には、会場を県立吉野公園に移し、第9回を開催する。来場者は5,000人を数えた。
よしの兵六歴史街道ウォーク
「大石兵六夢物語」をもとに、兵六の化かされた跡を歩いてみようと、18年11月から要所の確認のため歩き始めた。しかし、東目筋街道の関屋谷付近が消えゆくのではと危惧されることから、年に一回歴史街道をウォークラリーとして開催するようになる。
25年10月からは吉野公園を発着点として、ロング20キロコース・ショート13キロコースを歩きスタンプラリーとして、実施を始めた。
吉野地域内外の方々にも吉野を知ってもらう機会として開催をする。
心岳寺詣り
「大石兵六夢物語」の中に心岳寺の和尚さんが登場。心岳寺ってどこ?の疑問から、その昔、島津歳久公が自害し、祀られていたお寺が廃仏毀釈で現在の国道10号線沿いの平松神社であることがわかった。
3年がかりで、吉野寺山から平松神社までの道のりを探した。かつて、鹿児島の三大詣りのひとつであったこともわかり、お祭りのときは平松神社近くに臨時心岳寺駅が設けられたとのこと。
平成20年11月に寺山金木崎から下山。次の年には、島津歳久公の命日8月16日に参ったが、22年からは毎年11月23日に励行している。
郷土芸能新作狂言「吉野兵六どん」
かつて、島津藩内に「兵六踊り」が至る所で踊られていたという。出水市高尾野町には、県無形文化財として「兵六踊り」がある。踊りのもとは「大石兵六夢物語」で、その話の舞台はわが吉野。
鹿児島の三大民話である宝物を生かして、わが郷土でも表現したいと、日本古来の伝統芸能狂言を取り入れ、「吉野兵六どん」として演じる。京都から茂山一門の網谷正美氏に指導を受け、子どもたちが月2回のお稽古に励み、27年開催の国民文化祭に挑む。26年8月末には狂言合宿、12月にはワークショップ、ミニ発表会を行った。

子どもたちの限りない可能性、国民文化祭に出演!
日本伝統芸能「狂言」と出会い、茂山狂言会に指導を受け、5年目になります。
大人だけでなく子どもたちが、この狂言という世界にどっぷり浸かって、新作狂言「吉野兵六どん」を演じてくれました。
国民文化祭という大舞台の中で、多くの観客を魅了し、演じた子どもたちは、また一段と成長しました。

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
ブログはこちら
 
特定非営利活動法人
地域サポートよしのねぎぼうず

 

〒892-0871
鹿児島県鹿児島市吉野町2677-1
[TEL] 099-243-3778
[FAX] 099-210-7663

[受付時間] 9:00〜17:00
[定休日] 土・日・祝祭日
夏季休暇(8/13〜15)
年末年始(12/28〜1/4)

お電話でのお問い合わせ
ホーム活動内容地域事業よしのねぎぼうずについてお問い合わせプライバシーポリシー
Copyright (c) All Rights Reserved. このページの先頭へ